がんばろう!日本 スーパーオーケストラ

主催:毎日新聞社  協力:TBS/OTTAVA

企画:特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス

2014年3月4日(火)、サントリーホールにて大盛況のうちに終了いたしました。

プログラム

オール・チャイコフスキー・プログラム

  弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 から第一楽章

  ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35

  交響曲第4番 ヘ短調 Op.36 

コンサートの概要

【日時】2014年3月4日(火)開演19:00 開場18:30

【会場】サントリーホール 大ホール

【出演】指揮:高関 健

    ヴァイオリン:渡辺玲子

    管弦楽:がんばろう!日本 スーパーオーケストラ

    (札幌から広島まで各地のオーケストラのコンサートマスター・首席クラスの
              皆様が多数馳せ参じて下さる夢のスーパーオーケストラです!)

    コンサートマスター:小森谷巧

    司会:小森谷徹

       → 全出演者プロフィールはこちら

【チケット】3,000円 (全席指定)


 

がんばろう!日本 スーパーオーケストラ ちらし

2014superorchestra.pdf
(PDFファイル1.1MB)

 ダウンロード

毎日希望奨学金について

毎日新聞社は、東日本大震災で保護者を亡くした「震災遺児」を支援する「毎日希望奨学金」制度を設け、学業継続が困難になった生徒や学生に奨学金を給付しています。2013年度は240人に奨学金を給付しました。皆さまから多額の善意が寄せられており、奨学生は毎年増えて続けています。

2011年5月から開催しているこのチャリティーコンサートも4回目を迎えます。全国各地で活躍する一流の演奏家が一夜限りのオーケストラを結成し、今回はチャイコフスキーの名曲の数々を演奏します。どうぞお楽しみください。

このコンサートでは会場に募金箱を設置し、出演者が奨学金への協力を呼びかけます。

出演者プロフィール
指揮 高関健

指揮 高関 健

 

桐朋学園在学中の1977年カラヤン指揮者コンクールジャパンで優勝。ベルリンでカラヤン氏のアシスタントを務め、タングルウッド音楽祭でもバーンスタイン、小澤征爾らに指導を受けた。日本のオーケストラはもとより、ウィーン響、オスロ・フィル、ベルリン・ドイツ響、クラングフォーラム・ウィーン、ケルン放送響などに客演。今年2月にはサンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会を指揮、ロシアの名門オーケストラから豊潤な響を引き出し、聴衆や楽員から大絶賛を受けた。

2009 年のブーレーズ京都賞受賞記念ワークショップではブーレーズ氏から、2012年にはシチェドリン作品日本初演でアルゲリッチ氏・マイスキー氏からその演奏を絶賛されるなど、ソリストからも絶大な信頼を得ている。広島響音楽監督・常任指揮者、新日本フィル正指揮者、大阪センチュリー響常任指揮者、群馬響音楽監督、札幌響正指揮者などを歴任。1994年には群馬響ヨーロッパ公演を成功に導いた。

東京芸術大学音楽学部指揮科招聘教授。

2014年4月より、京都市交響楽団常任首席客演指揮者に就任する。

twitter.com/KenTakaseki


ヴァイオリン 渡辺 玲子
(C)Yuji Hori

ヴァイオリン 渡辺 玲子

 

超絶的なテクニック、玲瓏で知的な音楽性、切れ味鋭い官能性と幅広いレパートリーで、世界のヴァイオリン界をリードする逸材。1984年ヴィオッティ、86年パガニーニ両国際コンクールで最高位を受賞。これまでにワシントン・ナショナル響、ロサンゼルス・フィル、フィルハーモニア管、BBC響、ウィーン・トーンキュンストラー管、ロシア・ナショナル管、バンベルク響などと共演。中でもシノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレ、サンクトペテルブルク響との共演はCDもリリースされ、大好評を博した。活動は幅広く、欧米で高い評価を得ているダンス・カンパニー「Noism」とワシントン・ケネディ・センター等で度々共演、13年4月にはミラノとラヴェンナでジョヴァンニ・アレヴィ作曲のヴァイオリン協奏曲を演奏、現地の聴衆に圧倒的な熱狂をもって迎えられた。秋田の国際教養大学特任教授。05年第35回エクソン・モービル音楽賞奨励賞受賞。ニューヨーク在住。

使用楽器は、日本音楽財団より貸与された1725年製ストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」。 

http://www.reikowatanabe.com/


コンサートマスター 小森谷 巧

コンサートマスター 小森谷 巧

 

桐朋学園音楽科ディプロマコースを経て、ウィーン国立音大へ留学。 その後英国へ渡る。 徳永二男、ヨゼフ・スーク、イフラ・ニーマンの各氏に師事。 リピツァヴァイオリンコンクール、フムル国際コンクール等で、特別賞、シェリング賞などを受賞。英国を中心に欧州で活躍。 英国王立音大の演奏ディプロマを首席で獲得し、帰国。 1987年東京交響楽団首席コンサートマスターに就任。1991年第1回出光音楽賞受賞。1999年より読売日本交響楽団のコンサートマスター、現在にいたる。 ソリストとしては定期的にリサイタルを行い、 室内楽奏者としても各地のさまざまな音楽祭で活躍しているほか、2006年ルートヴィッヒ弦楽四重奏団、2008年ザ・グランド・トリオを結成し活動している。近年は指揮者としても古典派の作品を中心に活動、 2007年クラシカ・ハヤマのスパークリングオペラ 「ラ・ボエーム」を指揮し、好評を博した。2013年、2014年にはソロアルバムCD「弦の巧」「弦の巧Ⅱ」をリリース。現在、国立音楽大学、桐朋学園オーケストラアカデミーで後進の指導を行っている。 アンサンブル葉山リーダー。 サイトウ・キネンオーケストラ、読売日本交響楽団コンサートマスター。


司会 小森谷 徹

司会 小森谷 徹

 

群馬県桐生市出身(ぐんま観光特使)日本大学芸術学部演劇学科卒。 日本大学在学中よりサンシャインボーイズを経て花組芝居に入座。数々の舞台をこなす。情報番組レポーターのほかキャスターとしても活躍するマルチタレント。日本大学芸術学部 演劇学科にて非常勤講師も務める。 2013年7月、群馬県の観光特使に任命される。

2013年10月より朝日新聞(群馬版)にてコラム掲載中。

2013年10月より週刊パーゴルフにてコラム掲載中。

仕事もお父さんも頑張る「スーパーダディー協会の理事」


ヴァイオリン 荒川 以津美

ヴァイオリン 荒川 以津美

 

東京芸術大学附属音楽高校及び同大学を経て、同大学院修了。その後、読売日本交響楽団入団。95年アフィニス文化財団海外研修員としてパリ、ベルリンに留学、96年ブーローニュ音楽院室内楽科に於いてプルミエ・プリを取得し帰国。第1回日本モーツァルト音楽コンクール前田賞奨励賞受賞。NHK・FMコンサートに出演。ザルツブルク室内合奏団とモーツァルの協奏曲を協演。 ヴァイオリンを鷲見三郎、鷲見健彰、岡山潔、B・カトーナ、G・プーレ、R・クスマウル、他、各氏に師事。現在、読売日響楽団員としてオーケストラ活動する他、多くのソロ、室内楽、コンサートに出演、協奏曲のソリストとしても活躍する等、幅広く活躍している。

ヴァイオリン 井上 静香

ヴァイオリン 井上 静香

 

桐朋学園大学卒、同大学研究科修了。2008年第6回東京音楽コンクール弦楽部門第2位及び聴衆賞受賞。米アスペン音楽祭に奨学金を得て参加。在学中から大垣音楽祭、木曽音楽祭、サイトウキネンフェスティバル松本、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、水戸室内管弦楽団定期演奏会など多数に出演.。ウィーンフィル首席メンバーと室内楽を共演、ワルター・バリリ氏に絶賛された。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。



ヴァイオリン  井上 雅美

ヴァイオリン  井上 雅美

 

東京芸術大学付属高校を経て同大学を卒業。第37回全日本学生音楽コンクール東日本大会3位入賞。ベルン音楽大学奨学金を得てスイスに留学。スイス・ノイシャテル室内管弦楽団の第一ヴァイオリン奏者。ベルン・ルードスアンサンブルのコンサートマスターやリサイタル、レコーディング等の活躍をし93年に帰国。つくば室内管弦楽団のコンサートマスターを経て94年読売日本交響楽団に入団。ソリスト、室内楽奏者、オーケストラ奏者として活躍中。

ヴァイオリン 岩谷 祐之
(C)HIKAWA

ヴァイオリン 岩谷 祐之

 

1977年生まれ。4歳より天理教音楽研究会弦楽教室にて東儀祐二、五十嵐由紀子の両氏に師事。1993年より東京音楽大学附属高等学校にて、久保陽子に師事。1999年 第68回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第1位入賞。松下賞、レウカディア賞、鷲見賞を受賞。2003年 ラジオフランスフィルハーモニックオーケストラにて2nd Violin首席奏者を務める。2005年 兵庫県芸術文化センター付属オーケストラに入団。これまでに東京交響楽団、京都市交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラとベートーヴェン、シベリウス、プロコフィエフ、チャイコフスキー等の協奏曲を共演。 2008年1月 関西フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターに就任。



ヴァイオリン 大竹 貴子

ヴァイオリン 大竹 貴子

 

愛知県立芸術大学音楽部器楽科卒業。2001年~2002年アメリカ クリーブランド音楽院に奨学金を得て留学。第49回全日本学生音楽コンクール中部大会高校生の部第3位。2005年ウラルスク国際ヴァイオリンコンクール特別賞受賞。これまでに、松田節子、林茂子、澤和樹、瀬戸瑶子、エワルド・ダネル、豊田耕兒、各氏に師事。 2005年兵庫芸術文化センター管弦楽団(佐渡裕芸術監督)通称PACオーケストラの創設メンバーとして入団。コアメンバー及びフォアシュピーラーとして4年在籍。現在同楽団アフィリエイトプレーヤーとして活動中。

ヴァイオリン 大森 潤子

ヴァイオリン 大森 潤子

 

東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程、パリ国立高等音楽院第三課程ソロ、室内楽科修了。この間、田中千香士、清水高師、R.パスキエの各氏に師事。安宅賞受賞。日・仏のコンクールで優勝または上位入賞している。欧州・南米を含む国内外での音楽祭、フランス国営ラジオ、NHK-FMに出演。藝大オケ、仙台フィル、東京フィル、札響と共演。(財)地域創造、フコク生命アーティスト。06年より(公財)札幌交響楽団首席奏者を務める。



ヴァイオリン 岡本 順子

ヴァイオリン 岡本 順子

 

福岡県北九州市出身。才能教育で山口進一郎氏、西村新太郎氏に手ほどきを受け、辻久子氏、兎束龍夫氏、 服部豊子氏、田中千香士氏に師事。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。ベルリンにてレオン・シュピーラー氏に師事。1981年東京都交響楽団に入団し現在に至る。

ヴァイオリン 奥田 雅代

ヴァイオリン 奥田 雅代

 

東京芸術大学卒業、同大学院修了。その後ロンドンに留学。故兎束龍夫、海野義雄、G・パウクの各氏に師事。学内にて「安宅賞」を受賞。第45回日本音楽コンクール第3位、他数々のコンクールで入賞。1984~2006年、東京都交響楽団第1ヴァイオリン首席奏者。2008年アルファ弦楽四重奏団を結成し、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を全曲演奏する。現在、ソロ、室内楽で幅広く活動する他、桐朋学園芸術短期大学、武蔵野音楽大学、国立音楽大学附属中学・高校、東京ジュニアオーケストラソサエティなどで後進の指導も行っている。



ヴァイオリン  景澤 恵子

ヴァイオリン 景澤 恵子

 

函館市生まれ。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を卒業、同学研究科修了後渡仏。パリ市立地方音楽院、マルメゾン音楽院に在学し、審査員満場一致の1位とゴールドメダルを獲得し首席で修了。2007年ジャン=フランセ国際音楽コンクール入賞。小澤征爾音楽塾、サイトウキネン室内楽勉強会に参加、各公演にてコンサートミストレスを務める。2011年より水戸室内管弦楽団に参加。2012年度より兵庫県立芸術文化センター管弦楽団レジデントプレーヤー。徳永 二男、Gilles HENRY、Roland DAUGAREIL等の各氏に師事。

ヴァイオリン 鎌田 泉
(C)NaoyaYamaguchi

ヴァイオリン 鎌田 泉

 

桐朋女子高等学校音楽科、ジュリアード音楽院卒業。ニューヨーク日系人コンクール第1位。日本室内楽コンクール第2位。サラサーテ国際コンクール第2位、併せて聴衆賞受賞。国内外の音楽祭の他、サイトウ・キネン・オーケストラに出演。現在はソロ・室内楽の他、紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバー、日本フィルハーモニー交響楽団ゲスト・コンサートマスターを務める。



ヴァイオリン 川口 尭史

ヴァイオリン 川口 尭史

 

7歳より石井志都子氏に師事。2003年石川ミュージックアカデミーに参加。ザハール・ブロン氏、堀米ゆず子氏に師事。 全日本学生音楽コンクール高校の部第1位、都築音楽賞・兎束賞・東儀賞・日本放送協会賞受賞。2004年桐朋オーケストラ演奏会のコンサートマスターに抜擢される。2005年桐朋学園大学入学。在学中、特別レッスンを受講しピエール・アモイヤル、ザハール・ブロンetc.に師事、また室内楽を小澤英世、徳永二男各氏に師事。2009年桐朋学園大学を卒業。現在はソロ、オーケストラなど広い分野で活動。ヴァイオリン教室ではアンサンブルNIZIメンバーとして後進の指導にあたっている。

ヴァイオリン 小島 光敬

ヴァイオリン 小島 光敬

 

国立音楽大学卒業。第11回日本クラシック音楽コンクール入選。 現在、フリー奏者。



ヴァイオリン 佐久間 聡一

ヴァイオリン 佐久間 聡一

 

桐朋学園大学、その後ドイツにて学ぶ。10代から演奏活動をはじめ、ソロ、日本青少年オーケストラ、桐朋学園オーケストラのコンサートマスター、新日本フィル契約団員、大阪フィル首席、国内オーケストラの客演コンサートマスター、ドイツカンマーフィル・ブレーメン等で演奏している。また、所属するKONTA INC.との自主プロジェクトも多く企画し、カジュアルなコンサートから現代音楽まで幅広い活動を行っている。

ヴァイオリン 澤 亜樹

ヴァイオリン 澤 亜樹

 

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、2010年同大学音楽学部首席卒業。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。同年、第338回藝大定期「新卒業生紹介演奏会」に出演。2011年、青山音楽賞新人賞受賞。2010年より2年間、文化庁新進芸術家海外研修員として、英国王立音楽院に留学し、最高位を得て首席卒業。ロンドン交響楽団2010/2011シーズンString Experience Scheme研修生。2012年、松方ホール音楽賞受賞。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程在学中。



ヴァイオリン 菅谷 史

ヴァイオリン 菅谷 史

 

6歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学カレッジディプロマコース修了。同大学室内楽演奏会出演。第49、50回「全日本学生音楽コンクール」入選。第7回大垣音楽祭新人コンサートに優秀者として出演。倉敷音楽祭、小澤征爾オペラ・プロジェクト、サイトウ・キネンフェスティバル松本、東京オペラの森、水戸室内管弦楽団、2002年2005年ロストロポービッチ率いるキャラヴァンコンサートにてコンサートミストレスを務める。これまでに桜木弘子、鈴木愛子、鷲見健彰、磯野順子、原田幸一郎の各氏に師事。現在フリーランスで、ソロ、室内楽、オーケストラなどで活躍。

ヴィオラ 高山 佳南子

ヴァイオリン 高山 佳南子

 

第11回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール高校生部門第1位。第13回同コンクール弦楽器の部大学生部門第1位。シエナ夏季国際音楽アカデミーにてジュリアーノ・カルミニョーラ氏に師事。小澤征爾音楽塾松本・中国公演参加。都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業。これまでに小室由利恵、保井頌子、若林暢、澤和樹、野口千代光の各氏に師事。現在、兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー。



ヴァイオリン 田中 雅子

ヴァイオリン 田中 雅子

 

3歳よりバイオリンを始める。東京藝術大学附属音楽高校を経て、同大学入学。在学中、藝大室内楽定期演奏会に出演。ニース夏期音楽セミナーに参加、当地にて演奏会に出演。卒業後、同声会主催による新人演奏会に出演。卒業後、DAAD(ドイツ学術交流会)の給費留学生として、ドイツケルン音楽大学に留学。留学中に、各地の音楽祭に参加、またケルン市立オペラハウスオーケストラの契約団員となりオーケストラの研鑽も積む。現在は東京都交響楽団のメンバーとして、オーケストラの活動の他、お話を交えたコンサートをするなど、ソロ、室内楽にも幅広く意欲的に取り組んでいる。これまでに、石井志都子、岩崎洋三、田中千香士、堀正文、サシコ・ガブリロフの各氏に師事。

ヴァイオリン 田中 裕

ヴァイオリン 田中 裕

 

福岡県出身。桐朋女子高等学校(男女共学)音楽科卒。1978年タングルウッド音楽祭に奨学生として参加。西ベルリン音楽大学を首席で卒業。在学中、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の契約団員として在籍。ミシェル・シュヴァルベ氏に師事。1984年10月NHK交響楽団に入団。第1ヴァイオリン・フォアシュピーラー(次席奏者)。



ヴァイオリン 徳永 希和子

ヴァイオリン 徳永 希和子

 

5歳よりヴァイオリンを始める。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て同大学研究科修了。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。宮崎国際音楽祭やJTアートホール室内楽シリーズ出演するなど、ソロや室内楽、オーケストラで多方面に活動中。これまでにヴァイオリンを鈴木和子、久保田良作、辰巳明子、室内楽を徳永二男、東京クァルテットの各氏に師事。

ヴァイオリン 長原 幸太
(C)飯島隆

ヴァイオリン 長原 幸太

 

東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、同大学に進学。その間に全額スカラシップを受け、ジュリアード音楽院に留学。1998年第67回日本音楽コンクール最年少優勝。これまでに村上直子、小栗まち絵、工藤千博、澤和樹、ロバート・マンの各氏に師事。2006年から2012年まで大阪フィルハーモニー交響楽団首席コンサートマスターを務めた。2013年紀尾井ホールにてリサイタル開催(ピアノ:清水和音)、好評を博す。現在は、ソリスト、室内楽奏者、ゲスト・コンサートマスターなどの演奏活動に並んで、アルゲリッチ国際音楽祭、宮崎国際音楽祭等にも積極的に参加。また、演奏を通じてのボランティア活動にも力を注いでいる。



ヴァイオリン 西川 茉利奈

ヴァイオリン 西川 茉利奈

 

東京藝術大学附属音楽高校、同大学を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程を修了。「文化庁新進芸術家海外研修員」に選ばれ渡独、2012年ベルリン芸術大学ディプロマ課程を首席で卒業。ロームミュージックファンデーション奨学生。第17回ポーランド・ウッジKiejstut Bacewics国際コンクール第3位(2位なし)。ヨーロッパ各地でオーケストラとの共演、ソロや室内楽で演奏活動を重ね、ドイツ・オペラ・ベルリンオーケストラのアカデミー生として研鑽を積む。藝大フィル、東京ニューシティ、日本センチュリー、関西フィルと共演。平成24年度「滋賀県次世代文化賞」受賞。2012/13 紀尾井シンフォニエッタ東京シーズンメンバー。2014年1月、東京文化会館にてリサイタル開催。

ヴァイオリン 平井 義久

ヴァイオリン 平井 義久

 

1947年生まれ。桐朋学園音楽大学オーケストラ研究生。 元読売日本交響楽団ヴァイオリン奏者。 32年間に渡りオーケストラの活動を中心にソロや室内楽の分野でも活躍する。読響を退職後もエルダー楽員として読響に残り、100回近いコンサートを行う。 また、セミナーやソロ、室内楽も意欲的に行い音楽の普及につとめる。 宮下要、シュタホンハーゲン、日比野愛次、中山朋子の各氏に師事。



ヴァイオリン 松川 朋子

ヴァイオリン 松川 朋子

 

3歳よりヴァイオリンを始める。高校卒業後渡仏し、フランスで6年間研鑽を積む。スコラ・カントラムにて、コンサーティストディプロムを取得。ジャン・レネール氏、ユエ・ローラン氏に師事。また室内楽を、マンフレッド・カルテットの指導の下で学ぶ。2008年より、大阪フィルハーモニー交響楽団ヴァイオリン奏者。

ヴァイオリン 松野 弘明

ヴァイオリン 松野 弘明

 

6歳の時に才能教育海外派遣メンバーとして、アメリカ、カナダへの海外ツアーに参加。1986年桐朋学園大学に入学。在学中、日本音楽コンクール第3位。88年、ニューイングランド音楽院に留学。在学中、ニューイングランド室内楽団でコンサートマスター、ソリストとして活躍。90年帰国以降、イギリス室内管やカメラータ・ドゥ・ロクセルロワ室内管等のヨーロッパ主要オーケストラのソリストに抜擢、また、ゲスト・コンサートマスターとして、東京都響、九州響等に度々招かれている。その高度なテクニックに裏付けられた音楽性と古典から現代までに及ぶ幅広いレパートリーは高く評価され、今後の活躍が期待されている。現在、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団客員コンサートマスター。



ヴァイオリン 山田 麻実

ヴァイオリン 山田 麻実

 

9歳でN響メンバーを中心とした室内合奏団と共演。その後、東京フィル、日本フィル、イエナ交響楽団、仙台フィル等と共演。モンテネグロ音楽祭、アルバ音楽祭に参加。全日本学生音楽コンクール1位。日本音楽コンクール第3位。国際シューベルト・現代曲コンクール現代曲賞、他。東京芸術大学附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学修士課程卒業。現在ミュンヘン音楽大学在学中。アンサンブルof東京メンバー。



ヴィオラ 秋山 俊行

ヴィオラ 秋山 俊行

 

国立音大卒。1983年日本フィルハーモニー交響楽団入団。1987年から新日本フィルハーモニーにフォアシュピーラーとして在籍。1990年から2003年まで東京フィルハーモニー交響楽団に首席奏者として在籍。2001年から2004年まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団に兼任も含め首席奏者として在籍。2006年から2012年3月まで、東京シティフィルハーモニック管弦楽団に首席奏者として在籍する。 現在は、西本智実率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラ首席。

ヴィオラ 安藤 祐子

ヴィオラ 安藤 祐子

 

第3回日本室内楽コンクール第1位。第52回ジュネーブ国際コンクール、セミファイナリスト。ヴィットリオグイ国際室内楽コンクール最高位。 東京藝術大学、洗足学園、聖徳大学非常勤講師。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。



ヴィオラ 大野 かおる

ヴィオラ 大野 かおる

 

東京藝術大学卒、同大学院修了。芸大フィルハーモニアとダヴィッドのヴィオラ協奏曲を日本初演。ターティス国際ヴィオラコンクール(英)で2つの特別賞を、2004年、2010年、日本音楽コンクールで審査員特別賞受賞。日本、ドイツ、フランス、台湾など各国の音楽祭にも出演。アンサンブルofトウキョウ創立以来の中心的メンバー、2008年アルファ弦楽四重奏団を結成してベートーヴェン弦楽四重奏曲を全曲演奏。東京藝術大学、東京音楽大学、洗足学園音楽大学などで後進を指導、大阪芸術大学客員教授も務める。

ヴィオラ 佐藤 玲子

ヴィオラ 佐藤 玲子

 

東京生まれ。 東京芸術大学卒業。 ドイツ、デトモルト音楽大学に留学。帰国後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。現在に至る。ヴィオラを浅妻文樹、深井碩章、ライナー・モーク各氏に師事。



ヴィオラ 武井 麻里子

ヴィオラ 武井 麻里子

 

国立音楽大学を首席にて卒業。武岡賞受賞。第78回読売新人演奏会などに出演。桐朋学園大学CDコースを経てヴィオラを始める。洗足学園音楽大学大学院を修了。ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。これまでにヴァイオリンを小森谷巧、徳永二男の各氏に師事。

ヴィオラ 田中 茜

ヴィオラ 田中 茜

 

藝術大学音楽学部器楽科卒業。ウィーン国立演劇音楽大学において、文化庁派遣芸術家在外研修員として研鑽を積む。 2000年しづかホールヴィオラコンクールにおいて林光賞を受賞。現在、多方面で演奏活動を展開している。



ヴィオラ 長岡 晶子

ヴィオラ 長岡 晶子

 

5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校を経て、桐朋学園大学を卒業。オーケストラアカデミー在学中にヴィオラに転向し、同アカデミーの研修課程を修了。2000年より読売日本交響楽団団員。ヴァイオリンを川上久雄、室谷高廣、ヴィオラを岡伸夫の各氏に師事。

ヴィオラ 林 康夫

ヴィオラ 林 康夫

 

福岡市生まれ。6歳よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール西部地区高校の部第2位。ヴィオラに転向後、東京芸術大学器楽科卒業、同大学院修了。1992年東京都交響楽団に入団。これまでにヴァイオリンを太期晴子、岸辺百百雄、原田幸一郎、ヴィオラを菅沼準二、玉置勝彦の各氏に師事。現在は、オーケストラだけでなく、室内楽やアマチュアオーケストラトレーナーなど活動の場をひろげている。



ヴィオラ 増田 直子

ヴィオラ 増田 直子

 

3歳よりヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学を卒業。在学中より室内楽やオーケストラ、海外のマスタークラス等でヴィオラを学びその魅力に取り憑かれて転向。各地での音楽祭やコンサートに出演する等、オーケストラや室内楽での活動のみならず、コンサート、映画、TVドラマ、CM等のレコーディングにも参加。また、「菊地ひみこDouble Quartet」のメンバーとしてジャズライブを開催し、NHK-FMにも出演。ライブアルバム『DQ*The Live』も発表している。

ヴィオラ 渡邉 信一郎

ヴィオラ 渡邉 信一郎

 

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て同大学卒業。第20回霧島国際音楽祭にて特別奨励賞。アフィニス文化財団の奨学金を得てドイツ・ハンブルク国立音楽大学に留学。第12回ブラームス国際コンクール・ヴィオラ部門入選。1999年から2006年までサントリー株式会社所有の名器1728年パオロ・アントニオ・テストーレ制作のヴィオラを貸与される。10年間東京都交響楽団のヴィオラ奏者を経て現在東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団副首席奏者。



チェロ 荒 庸子

チェロ 荒 庸子

 

桐朋学園女子高等学校音楽科、同大学を経て、ラトガース大学音楽科卒業。ジュリアード音楽院修士課程修了。グラハム・シュタール・コンクール入賞。国内及びニューヨーク、カーネギーホール他にてリサイタルを開催。サイトウ・キネン・フェスティバル、水戸室内管弦楽団、東京のオペラの森、宮崎国際音楽祭など国内外の多数の演奏会に出演している。また、東京フィルハーモニー交響楽団をはじめ国内主要オーケストラにて客演首席として活躍している。洗足学園音楽大学非常勤講師。

チェロ 石川 祐支

チェロ 石川 祐支

 

8歳からチェロを始めその後東京音楽大学へ特待生として進学し首席で卒業。その後は研究科へ進む。これまでに松下修也、林良一、星野明道、吉田顕、河野文昭、堀了介の各氏に師事。’99年第68回日本音楽コンクール第1位を獲得、併せて黒柳賞受賞。岩崎淑氏主宰の沖縄国際音楽祭1999とイタリアのキジアナ音楽院との交換留学生として奨学金を得てマリオ・ブルネロ氏に学ぶ。これまでに国内の主要オーケストラと共演。2004年シリウス弦楽四重奏を結成し活動中。'04年~東京交響楽団首席奏者を務め、’06年~札幌交響楽団首席チェロ奏者に就任。‘10年道銀芸術文化奨励賞受賞。

石川祐支オフィシャルサイトhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~yuji-ishikawa/



チェロ 海野 幹雄

チェロ 海野 幹雄

 

桐朋学園ディプロマコース修了。全日本ソリストコンテストグランプリ等、受賞歴多数。東フィル、神奈フィル、大フィル等に首席奏者として客演。毎年銀座王子ホールでリサイタルを開催するほか、横浜市イギリス館に於ける月一回のサロンコンサートは既に40回を超え好評を博している。指揮・編曲・出版の分野でも活動、現代音楽の演奏にも定評がある。映画「おくりびと」ではレコーディングに参加。被災地へのボランティア訪問演奏活動も積極的に行っている。2012年には1st CD「海野幹雄playsシューマン」をリリース。

ホームページ: http://mikio-unno.com/

チェロ 金子 鈴太郎

チェロ 金子 鈴太郎

 

桐朋学園ソリストディプロマコース、ハンガリー国立リスト音楽院に学ぶ。 2003年~2008年 大阪交響楽団特別首席チェロ奏者。現在は各オーケストラにゲスト首席として招聘されるほか、サイトウキネンオーケストラ等で活躍中。 トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席、Super Trio 3℃、長岡京室内アンサンブル、Quartet Mark、The Chamber Players各メンバー。

ホームページ:http://rintarokaneko.com/



チェロ 佐藤 有沙

チェロ 佐藤 有沙

 

東京藝術大学、同大学院、ジュネーヴ音楽院修了。横浜国際コンクール、グラズノフ国際コンクール、パドヴァ国際コンクール等優勝、入賞。現在日本及びヨーロッパでソロ、室内楽、オーケストラ等幅広く活動する。

チェロ 高木 慶太

チェロ 高木 慶太

 

6才よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科(共学)及び桐朋学園大学卒業。同大学院大学を経て'07年春ロームミュージックファンデーションの奨学金を得てベルリン芸術大学に留学。第74回日本音楽コンクール・チェロ部門第2位入賞。ドミニコ・ガブリエリチェロコンクール第3位入賞。'01年いしかわミュージックアカデミーにてIMA賞受賞。第106回日演連新人演奏会において札幌交響楽団と共演。 読売日本交響楽団チェロ奏者。



チェロ 玉川 克

チェロ 玉川 克

 

5歳より才能教育研究会にてチェロをはじめる。宇都宮短期大学附属高校音楽科を卒業。桐朋学園大学カレッジディプロマコース修了。昴21弦楽四重奏団チェリスト。

チェロ 寺田 達郎

チェロ 寺田 達郎

 

桐朋学園大学卒業。チェロを久保田顕、毛利伯郎、林俊明、チョー・ヨン=チャンの各氏に師事。第11、13回宮崎国際音楽祭、東京チェロアンサンブル、ヤングプラハ国際音楽祭ガラコンサート、Hot spring music festival 等に出演。大阪交響楽団副首席奏者を経て現在ソロ、室内楽、オーケストラの客演首席等、幅広く活動している。



コントラバス 河野 昭三

コントラバス 河野 昭三

 

国立音楽大学 器楽学科コントラバス専攻を卒業。 在学中より室内楽・オーケストラに出演。エキストラを経て仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。 現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団副首席コントラバス奏者。

コントラバス 佐野 央子
(C)堀田力丸

コントラバス 佐野 央子

 

新潟県出身。12歳よりコントラバスを始める。東京藝術大学卒業、同大学院修了。2006年より一年間ドイツ、ミュンヘンに留学。これまでにサイトウキネンフェスティバル、宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネinナント(フランス)など、オーケストラ奏者として数多くの音楽祭に参加するとともに、室内楽、ソロの分野でも活躍。これまでに村上満志、永島義男、山本修、H.ブラウン、W.ギュトラーの各氏に師事。現在、東京都交響楽団奏者。



コントラバス 高橋 洋太

コントラバス 高橋 洋太

 

桐朋学園大学、同研究科修了と同時に2006年、東京都交響楽団に入団。2005年、青森市民文化顕彰受賞。2007年、東京・青森にてデビューリサイタルを開催し絶賛を博す。サイトウ・キネン・オーケストラ、東京・春・音楽祭、東京のオペラの森、アフィニス夏の音楽祭、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトに参加。桐朋学園大学特別招聘講師。

コントラバス 松江 佐知子

コントラバス 松江 佐知子

 

桐朋学園大学音楽学部卒業。ドイツ・バイロイト国際青年芸術祭に参加し、ベルリン・ドイツ・オペラ管首席奏者のマーティン・シャール氏の講習を受ける。2008年~2013年まで兵庫県立芸術文化センター管弦楽団に在籍しフォアシュピーラーを務める。 現在フリーランス奏者として各地の楽団に客演。これまでに西田 直文氏、渡邊 章成氏に師事。



コントラバス 吉田 秀

コントラバス 吉田 秀

 

1986年東京芸術大学音楽学部卒業。同大学管弦楽研究部首席奏者を経て1991年NHK交響楽団に入団。現在首席奏者を務める。室内楽の分野ではオーギュスタン・デュメイ、ピンカス・ズッカーマン、ライナー・キュッヒル、マリア・ジョアン・ピリス、ウ゛ォルフガング・サウ゛ァリッシュ、カルミナ弦楽四重奏団、ベルリンフィルピアノ四重奏団、ターリッヒ弦楽四重奏団、メロス弦楽四重奏団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団などと共演。また東京シンフォニエッタ、いずみシンフォニエッタ大阪、紀尾井シンフォニエッタ東京、鎌倉ゾリステンなどのメンバーとしても活動。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭などにも参加。東京音楽大学客員教授、京都市立芸術大学非常勤講師。

コントラバス Jonathan Stefaniak

コントラバス Jonathan Stefaniak

 

アメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。10才からコントラバスを始める。芸術高校を経て、ルーズベルト大学シカゴ芸術音楽院を卒業。在学中、シカゴ交響楽団トレーニングオーケストラであるシカゴシビックオーケストラに所属。これまでにミルウォーキー交響楽団のローラ スナイダー、シカゴ交響楽団のスティーブン レスター各氏に師事。2004年ニューヨーク ストリングオーケストラセミナー、2006年パシフィックミュージックフェスティバルなど、各地のフェスティバルに参加。2008年兵庫県立芸術管弦楽団に入団。2010年読売日本交響楽団に入団。



フルート 白尾 彰

フルート 白尾 彰

 

10歳より林りり子氏についてフルートを始める。東京芸術大学付属音楽高等学校を経て東京芸術大学音楽学部に入学、川崎優氏に師事。1970年、在学中に日本フィルハーモニー交響楽団に入団。同年、毎日音楽コンクール(現、日本音楽コンクール)3位入賞。1972年、新日本フィルハーモニー交響楽団創立に参加。1974年、スイスに留学。チューリッヒ音楽院にてアンドレ・ジョネ教授に師事。1975年、チューリッヒ・トンハーレ管弦楽団に入団。F.ライトナー、N.サンティ、N.アーノンクール等の指揮者陣のもと8年間在籍。1983年帰国、新日本フィルハーモニー交響楽団に復帰。現在、オーケストラ活動の他に、桐朋学園大学でフルート科教授として後進を指導している。

フルート 難波 薫

フルート 難波 薫

 

桐朋学園大学卒業、同研究科修了。日本管打楽器コンクール第2位、日本木管コンクール第1位など多数入賞。新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。2006年CD「フルート・レボリューション」発表。フルートを三宅貴子、峰岸壮一、白尾彰、工藤重典の各氏に、室内楽を藤井一興、鈴木良昭の各氏に師事。日本フィルハーモニー交響楽団楽員。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。2014年度より桐朋学園短期芸術大学非常勤講師。



ピッコロ 片爪 大輔

ピッコロ 片爪 大輔

 

栃木県出身。慶應義塾大学および東京藝術大学卒業。2008年東京藝術大学大学院修士課程修了。2007年第13回日本フルートコンヴェンションコンクールピッコロ部門優勝。2011~12年、新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員を務める。現在、読売日本交響楽団フルート奏者。これまでにフルートを狩野嘉宏、佐藤直美、神田寛明、中川昌巳、中野冨雄、竹澤栄祐、金昌国の各氏に、室内楽を神田寛明氏に師事。



オーボエ 小畑 善昭

オーボエ 小畑 善昭

 

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学、同大学院修了。第42回NHK毎日音楽コンクール管楽器部門第三位入賞。1979~1982年東京交響楽団に在籍、のち、1985年まで西ベルリンに留学。この間ベルリンフィルハーモニー交響楽団のエキストラを務める。帰国後、新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者を経て、現在母校の教授として後進の指導にあたる傍ら、独奏及び室内楽、また古楽器奏者としても活発な活動を繰り広げている。

オーボエ 戸田 智子

オーボエ 戸田 智子

 

岩手県花巻市出身。ボリビアに住んでいた父の影響で、幼少期よりアンデス地方の民俗音楽に親しむ。12歳よりオーボエを始める。盛岡白百合学園高校を経て弘前大学教育学部を卒業。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程二年に在学中。第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会木管部門大学生の部第ニ位(最高位)。第28回日本管打楽器コンクールオーボエ部門入選。これまでにオーボエを鈴木繁、小畑善昭、和久井仁、池田昭子の各氏に師事。O.ヴィンター、H.シェレンベルガー、D.ヨナス、S.シーリ、T.インデァミューレ、R.ワン各氏のレッスンを受ける。室内楽を小畑善昭、岡本正之、日高剛の各氏に師事。



クラリネット 日比野 裕幸

クラリネット 日比野 裕幸

 

大阪府出身、京都市立堀川高校音楽コース、東京藝術大学を卒業後、ウィーン国立音楽大学にて学ぶ。1991年仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。同団の定期演奏会やアンサンブル金沢の定期演奏会にもソリストとして出演している。小澤征爾音楽塾の講師として演奏参加、また宮崎国際音楽祭にも出演している。2011年3月仙台フィルを退団し(在団20年)、4月より宮城教育大学教授に就任。東京クラリネットフィルハーモニー(TCP)、Orchla木管五重奏団など室内楽でも活躍している。

クラリネット 糸井 裕美子

クラリネット 糸井 裕美子

 

兵庫県立西宮高等学校音楽科、東京芸術大学、ドイツ国立ケルン音楽大学卒業。第8回日本木管コンクールクラリネット部門第1位。第68回日本音楽コンクール第2位。他、入賞多数。クラリネットを小川哲生、鈴木良昭、村井祐児、ラルフ・マノの各氏に、室内楽をアルバン・ベルク弦楽四重奏団等に師事。東京芸術大学管弦楽研究部講師を経て、現在、東京都交響楽団クラリネット奏者。トウキョウ・モーツァルト・プレイヤーズ メンバー。洗足学園大学非常勤講師。



ファゴット 岡崎 耕治

ファゴット 岡崎 耕治

 

武蔵野音楽大学を経て デトモルト北西ドイツ音楽大学修了、演奏家資格試験を最優秀で修了。1978年より2009年までNHK交響楽団首席ファゴット奏者。現在は、東京芸術大学客員教授、武蔵野音楽大学教授、エリザベト音楽大学講師、及びソリスト、室内楽で活躍。ドイツ、ハンガリーに於いても度々のソロ、室内楽演奏会、マスタークラスを開催。第42回NHK毎日音楽コンクール第2位入賞。多数の協奏曲、ソロ、室内楽のCDをリリース。

ファゴット 高橋 あけみ

ファゴット 高橋 あけみ

 

桐朋学園大学卒業。在学中に、ながの-アスペン音楽祭にてスカラシップを獲得し、Aspen-Music-Festivalに奨学生として参加。卒業後、東京文化会館新進音楽家デビューコンサートオーディションに合格、演奏会に出演。1998年4月から2004年3月まで桐朋学園大学嘱託演奏員を務め、2004年6月山形交響楽団に入団。2012年4月より山形交響楽団首席ファゴット奏者に就任。これまでにファゴットを浅野高瑛、霧生吉秀の各氏に、室内楽を中川良平、鈴木良昭の各氏に師事。岩手大学管弦楽団木管トレーナー。



ホルン 日高 剛
(C)Osamu TIO Suzuki

ホルン 日高 剛

 

宮崎市出身。長崎大学経済学部卒業後、東京藝術大学にてホルンを学ぶ。1996年からオランダ・マーストリヒト音楽院に留学し、98年卒業。2000年広島交響楽団に入団、その後日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団を経て、05年NHK交響楽団に入団、08~13年まで同団首席代行を務めた。ホルン・アンサンブル「つの笛集団」メンバー。12年フォンテックからCD「Variation for Horn」をリリース。「ホルンと彫刻の調べ」と題した演奏会を開催し、音楽と美術のコラボレーションを試みるなど、多彩な演奏活動を行う。 現在、東京藝術大学准教授、洗足学園音楽大学客員教授。

ホルン 渡部 奈津子

ホルン 渡部 奈津子

 

鳥取県出身。大阪教育大学 教育学部 教養学科 芸術専攻音楽コースを卒業後、洗足学園音楽大学 大学院修士課程音楽研究科を修了。フリーランスの奏者として、都内を中心にオーケストラのエキストラ出演等の活動後、2011年1月より、広島交響楽団に入団。これまでに、CD「7人のホルン奏者によるソロ曲集vol.2」、草津国際音楽アカデミー&フェスティバル等に参加。ホルンを樋口哲生、野田篁一、山岸博、日高剛の各氏に師事。 広島木管五重奏団、Cor ensemble VENUS 各メンバー。



ホルン 大森 啓史

ホルン 大森 啓史

 

東京芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院を修了。アフィニス夏の音楽祭に2度にわたり参加。1998年1月より1年間シカゴへ留学。これまでにホルンを小山 亮、守山 光三、松崎 裕、デール・クレヴェンジャーの各氏に師事。現在(財)ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉1・3番ホルン奏者、 エマーノン・ブラス・クインテットメンバー。ナチュラルホルン奏者としても活動を行っている。

ホルン 田場 英子

ホルン 田場 英子

 

東京音楽大学卒。ホルンを伊藤恒男、安原正幸の両氏に師事。卒業と同時に新星日本交響楽団入団。1997年アメリカ・シカゴに留学。ゲイル・ウィリアムス、ダニエル・ギングリッチ、レックス・マーティン、アーノルド・ジェイコブスの各氏のもとで研鑚を積む。現在東京フィルハーモニー交響楽団団員、オイロス・アンサンブル、つの笛集団メンバー。



ホルン 島方 晴康

ホルン 島方 晴康

 

東京都出身、国立音楽大学にてホルンを大阪 泰久、千葉 馨両氏に師事。1987年、渡欧しオーストリア国立グラーツ音楽大学にてG・ヘーグナー氏(ウィーンフィル首席ホルン奏者)、室内楽をG・トゥレチェック両氏に師事。1988年~90年、テアター・ウィーン劇場管弦楽団首席奏者を務める。1990年帰国、第一回パシフィックミュージックフェスティバルに参加。同年、札幌交響楽団に副首席奏者として入団。その後はオーケストラ活動を中心にソロ、室内楽活動にも精力的に参加。札幌大谷大学音楽学部、北翔大学芸術メディア学科、各非常勤講師。



トランペット 森岡 正典

トランペット 森岡 正典

 

山形県出身。山形大学教育学部(音楽科)卒業。トランペットを北村源三、故・金石幸夫の各氏に師事。在学中に山形交響楽団に入団。卒業後、宮城フィルハーモニー管弦楽団(現・仙台フィル)に入団。アフィニス文化財団海外研修員としてアメリカへ留学。フィリップ・スミス(ニューヨークフィル首席)、スーザン・スローター(セントルイス響首席)の各氏に師事。現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団首席奏者。トランペットアンサンブル「THE MOST」他メンバー。フェスティバル・オーケストラには、サイトウキネン・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトーゾ・オーケストラ等に参加。日本音楽コンクールの審査員を勤めるなど幅広い音楽活動を行っている。

トランペット 星野 究

トランペット 星野 究

 

東京音楽大学卒業。トランペットを故金石幸夫、北川晋の両氏に師事。第一回金管新人演奏会(ヤマハ主催)等に出演。第21回民音室内楽コンクール第2部門入選。1990年,日本フィルハーモニー交響楽団に入団。現在、日本フィルハーモニー交響楽団副首席奏者。



トロンボーン 新田 幹男

トロンボーン 新田 幹男

 

大阪音楽大学卒業。1994年にはシドニー・オペラハウスにて、ライヒャ作曲トロンボーン協奏曲第2番を演奏し好評を得た。2000年より、仙台フィルハーモニー管弦楽団第1奏者、2002年、読売日本交響楽団に移籍し、2007年1月より、NHK交響楽団首席トロンボーン奏者。サイトウ・キネン・フェスティバル松本、水戸室内管弦楽団にも出演している。 洗足学園音楽大学客員教授、東京音楽大学、愛知県立芸術大学、尚美ディプロマ、桐朋オーケストラアカデミー各講師。トート音楽院主任講師。これまでにトロンボーンを呉 信一、ニッツアン・ハロズに、室内楽をダニエル ドワイヨの各氏に師事。

トロンボーン 森岡 佐和

トロンボーン 森岡 佐和

 

大阪府立豊中高校にてトロンボーンをはじめる。大阪教育大学を経て京都市立芸術大学音楽学部を卒業。卒業後、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団に入団。2013年8月より名古屋フィルハーモニー交響楽団に在籍。これまでに松下浩之、磯貝富治男、呉信一、岡本哲の各氏に師事。



トロンボーン 秋山 鴻市

トロンボーン 秋山 鴻市

 

1969年東京芸術大学卒業。同年佼成ウインドオーケストラユーフォニアム奏者として入団。70年読売日本交響楽団バス・トロンボーン奏者として入団。84年NHK交響楽団に移籍、2006年同団定年退職。2010年東京芸術大学音楽学部招聘教授を経て現在、洗足学園音楽大学客員教授。1968年安宅賞、89年富山賞受賞。室内楽活動として、東京ブラスアンサンブル、東京トロンボーン四重奏団。共に海外公演を含む200回以上のコンサートを行い、多数のレコード・CD制作を行う。

チューバ 佐藤 潔

チューバ 佐藤 潔

 

群馬県高崎市出身。東京藝術大学卒業。南カリフォルニア大学専攻科修了。1984年世界テューバ協会主催学生ソロコンクール入選。1986年第3回日本管打楽器コンクール第2位入賞(1位無し)。テューバを故大石清、多戸幾久三、故Tommy Johnson、Roger Bobo、Jim Selfの各氏に師事。1991年東京都交響楽団へ入団。東京メトロポリタン・ブラス・クインテットメンバー。ジャズユニット「村田陽一とSOLID BRASS」にも参加。洗足学園音楽大学客員教授、武蔵野音楽大学講師。



ティムパニー 新澤 義美

ティムパニー 新澤 義美

 

国立音楽大学器楽科打楽器専攻を首席で卒業、同時に谷田部賞受賞。台北国際芸術節、ギリシャパトラス音楽際、東京の夏音楽際などに、ソロおよびアンサンブルで出演。現在、東京交響楽団首席ティンパニー、打楽器奏者。ミラクルパーカッションアンサンブルメンバー。

パーカッション 堀川 正彦

パーカッション 堀川 正彦

 

埼玉県杉戸町出身。
岡田知之、松倉利之、上野信一、ペーターゾンダーマンの各氏に師事。国立音楽大学を経て、平成二年財団法人群馬交響楽団(現 公益財団法人)に入団。ティンパニ及び、打楽器全般を担当。pearl楽器アーティストアドバイザー、AK drums (イタリア)アーティスト、musics percussion パートナーアーティスト。



パーカッション 大河原 渉

パーカッション 大河原 渉

 

福島県出身、福島県立白河高等学校卒業。 洗足学園短期大学(現、洗足学園音楽大学)音楽科卒業。 打楽器を會田巳喜夫、石内聡明、岡田知之の各氏に師事。 現在、東京ニューシティ管弦楽団打楽器奏者。

パーカッション 渡邉 昭夫

パーカッション 渡邉 昭夫

 

香川県高松市生まれ。 1988年 武蔵野音楽大学卒業。同年 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)打楽器研究生&ステージマネージャーとして入団。1989年 正団員となる。現在、OEKティンパニー&打楽器奏者。これまでに、小林美隆、塚田靖、高橋美智子、大塚敬子、Curfsray Reymond の各氏に師事。