第26回チャリティコンサート 特設掲示板

2014年6月14日開催「第26回チャリティコンサート 音楽で虹の架け橋を…中欧の調べに抱かれ、想いよ届け」の特設掲示板です。(→コンサートの模様はこちら

コンサートのご感想をどうぞご投稿ください。 

  • 投稿された内容は、ページに表示されます。
  • 「名前」はニックネームでもご本名でも構いません。
  • ホームページをお持ちの方は、よろしければ「ホームページ」欄にURLをご入力ください。リンクされます。
  • 誹謗中傷など、不適切な投稿と判断した場合は、削除させていただくことがございます。
コメント: 8 (ディスカッションは終了しました。)
  • #8

    野崎富久美 (水曜日, 18 6月 2014 00:20)

    四分一さん、はじめまして。

    14日のコンサートに、参加させていただいた、オッターヴァリスナーの一人です。ご挨拶で、演奏時間の延長を予告してくださって、ありがとうございました。私は、クォーター・グッド・オフィス主催のコンサートには、初めて参加したのですが、ここまで、長時間のコンサートになるとは、思いませんでした。プログラムが終わった後、漆原さんが、走って、舞台そでに入って行かれましたが、あれは、アンコールを演奏してもいいかどうかの確認ではなかったのですか? 演奏家の皆さんは、もちろんですが、四分一さんをはじめとした、スタッフの方々の御心づくしに敬服しました。

     コンブリオのほうにも、感想は贈らせていただき、斎藤さんが一部、取り上げてくださいましたが、メインのモーツァルトの29番は、本当に圧巻でした。川田知子さんの演奏を楽しみにしていたのですが、彼女の情熱的な演奏、堪能させていただきました。

     また、ヤボルカイ兄弟の演奏も、初めてでしたが、実に楽しいスタイルで、私はいずれ彼らのリサイタルに参加しようと、考えております。

     紀尾井ホールは、私には、コンサートデビューした思い出のホールですが(もちろん、聴き手として)、初めて2階席でコンサートを体験し、勝手も違うものの、新鮮さもありました。

     盲導犬も小さなお子さんも参加できるコンサート。この光景が、日本でも一般的になることを、願ってやみません。

     チケット入手の際には、丁重な対応をしていただき、本当にありがとうございました。

  • #7

    アズキ色 (火曜日, 17 6月 2014 18:33)

    紀尾井ホールの音響素晴らしいし、演奏も素晴らしかった。
    唯一のマイナス点、これは私がケチだったからですが、チケットを2階のBR席2列目だったこと。
    紀尾井ホールは初めてで知らなかったのですが、ステージの半分が見えなかった。
    演奏する皆さんを見ていたかった。
    BL席だった友人は向かって左寄りに立ってアナウンスしていた斎藤さんが見えなかったのが
    残念だと言ってました。

  • #6

    増田 和代 (火曜日, 17 6月 2014 17:24)

    四分一様はじめ クォーター・グッド・オフィスの皆さま

    14日は、本当に素晴らしい 意義深いコンサートに聴衆の一人として参加させてくださり、ありがとうございました。
    すがすがしいヴィヴァルディ、芳醇で愁いを秘めたバッハ、メリハリが効いて活き活きとしたモーツァルト... と聴いていくうち、このような贅沢な時間を共有できる、現代に生きている幸せが しみじみと胸に迫って来ました。
    普段はソリスト、または兄弟デュオとして活動されることが多いでしょう シャンドールさんとアダムさんが、楽しそうにアイコンタクトを交わしながら、時には皆さんを引っ張り、時には支えていらっしゃるのにも、アンサンブルの醍醐味を感じます。
    モーツァルト29番 第4楽章の、駆け上がっていくようなスケールが、演奏家の皆さんと聴衆の心がひとつになった「虹の架け橋」のように見えました。
    次回のコンサートはもとより、これからも何らかの形で 微力ながら関わらせていただきたいと存じます。
    最後になりましたが、チケットのご手配をいただきましたことに 改めて御礼申し上げます。

  • #5

    ひげ爺 (火曜日, 17 6月 2014 10:31)

    堅香子様、さとう様、ねりま姫様、ご投稿ありがとうございます。
    前述した、投稿時間が-7時間で表示されてしまう不具合につきましては、解消いたしました。6/16(月)の投稿分より正しい表示となっております。
    引き続きのご投稿をどうぞ宜しくお願いいたします。

  • #4

    ねりま姫 (火曜日, 17 6月 2014 09:03)

    OTTAVAのリスナーです。
    何度か出演されたconbrioで 四分一さんの渋いお声を拝聴して、
    何となく おおきな方を想像していましたが、先日紀尾井ホールでお逢いして、
    背は大きいけれど、スリムな方だったので少し驚きました。
    コンサートは素晴らしく、初めの曲から涙が・・・
    アンコールのアメージング・グレイスでも 心がざわざわ・・・としました。
    一緒に唄えるように 歌詞カードを入れて頂けたら、嬉しいです。
    ・・・前の席の方が 一生懸命探していらした様です・・・
    それにしても、演奏される方達が アイコンタクトで あれだけ音を合わせ、
    心一つになれるって、素晴らしいですね~♪ 感動しました。
    心が洗われるような、素敵な夜でした。 又伺いま~す。
    四分一さん、来週conbrioに出演されるそうで、楽しみにしています。
    OTTAVAの再開も期待しつつ・・・

  • #3

    さとう (月曜日, 16 6月 2014 20:45)

    OTTAVAリスナーの一人です。
    6月16日(月)OTTAVA con brioの中で、
    リスナーの皆さんからのコンサートの感想が多数紹介されています。
    1:50くらいから途中で2曲挟んで、2:30くらいまでです。
    オンデマンドページから、23日22時過ぎまで聴取可能の予定です。
    演奏家の皆様にもぜひ聴いていただきたく、こちらへ書き込ませていただきました。
    以下は私が番組宛に送った感想です(拙文失礼いたします)。

    弦楽器の音がいちばん好きなのは自分で知っていましたが、
    今回のコンサートを聴かせていただいて改めてそう実感しました。
    なかでも、個人的にはモーツァルトの
    二つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネハ長調 K.190と
    ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.364が素晴らしかったです…。

    今回は2列目の席で、間近にヴァイオリンを見ながら
    どうしてこの楽器から、こんなに美しい音が出るんだろう?
    そしてどうしてその音に、こんなに心を揺さぶられるんだろう?などと素朴に思ってしまいました。

    才能が結集して創り出された音楽は、神様がそこにいてくれているかのような珠玉の響きでした。
    プログラムの最後の曲が終わったときは演奏者の方全員の奏でる音が
    立ち昇っていくのが見えるような気がして、
    大げさじゃなくて、一瞬ここは天国なんじゃないかと思ったくらいでした。

    チャリティーの意味を自分で確認しながら、
    またこのようなコンサートに足を運べたらいいな、と思います。


    最後に、今回のチケットの件では
    四分一様には大変お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
    来週にはまた番組にご出演されるとのことで、楽しみにしております。
    素晴らしい時間を、本当にありがとうございました。

  • #2

    堅香子 (日曜日, 15 6月 2014 04:41)

    本当に素敵な演奏会でした。
    演奏曲目も良かったですし、演奏者のみなさんの技術も素晴らしくまた、温かい気持ちも伝わってきました。
    また、機会がありましたら、参加したいと思います。

  • #1

    ひげ爺 (土曜日, 14 6月 2014 05:38)

    コンサートのご感想・ご意見などお聞かせください。
    尚、サーバーの設定に不具合があるらしく、投稿時間が-7時間で表示されてしまいますが、気にせずご投稿ください。(不具合については調整中です。)
    どうぞ宜しくお願い致します。