がんばろう日本!スーパーオーケストラ 毎日希望奨学金チャリティーコンサート

主催:毎日新聞社

企画:特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス

 2011年5月にスタートして、今回8回目。全国各地の交響楽団などで活躍する演奏家有志が集まって一夜限りの楽団を結成し、力を込めた演奏で、震災で保護者を亡くした子どもたちを応援します。

 今回、夢の楽団と競演するのは、ピアニストの金子三勇士さんとヴァイオリニストの小林美樹さん。いずれも期待の若手実力派です。前回に引き続き海老原光さんが指揮を執り、メンデルスゾーンとリストの協奏曲のほか、ベートーヴェンの交響曲を披露します。被災地への熱い思いを奏でる調べに、どうぞご期待ください。

 会場では、震災遺児の学業継続や、高校・大学への進学を支援する「毎日希望奨学金」の募金活動を行います。

コンサートの概要

【日時】2018年3月6日(火)開演19:00 開場18:30

【会場】サントリーホール

【料金】3,800円(全席指定)

 

【出演】

指揮:海老原光

ピアノ:金子三勇士

ヴァイオリン:小林美樹

管弦楽:がんばろう日本!スーパーオーケストラ

コンサートマスター:小森谷巧(読売日本交響楽団コンサートマスター)

司会:小森谷徹

 

【プログラム】

  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64(小林美樹)
  • リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調(金子三勇士)
  • ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92

※曲目は変更になる場合があります。

 

チケットのご注文方法

ご希望のお席を選んで「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。複数枚ご希望の場合は、ご注文手続きページへ進んでから枚数を指定できます。

ご注文手続き完了後、自動メールが配信されますので、ご確認ください。

 

【お支払い方法】

  • クレジット決済、Paypal決済、銀行振り込みからお選びいただきます。
  • 銀行振り込みの方は、チケットにご請求書を同封しますので、一週間以内にお振込みください。

【配送について】

  • チケットは日本郵便の特定記録郵便でお送りし、郵便受けへのお届けとなります。
  • 配送手数料は全国一律400円です。

【PayPal決済をご利用のご注意点】

  • 決済の入力画面は一旦PayPalへ移行し、入力が完了すると自動的に当ホームページに戻ります。当ホームページへ戻った後、必ず「注文を確定する」ボタンを押してください。

【返品、キャンセルについて】

  • チケットご注文後のキャンセル及び、お客様のご都合による返品を一切断り致しておりますのでご了承ください。→ 特定商取引法に基づく表記

↓チケットのご注文はこちらから↓

がんばろう日本!スーパーオーケストラ 2018

 

ご希望の席をお選びください。

¥3,800

  • 配送期間:3-5日でお届け

※以下にてもチケットをお求めいただだけます。

  • イープラス(http://eplus.jp/gambaro/
  • サントリーホールチケットセンター(電話0570・55・0017)
  • ローソンチケット(電話0570・000・407、Lコード35211)
  • チケットぴあ(電話0570・02・9999、Pコード347-259) 

<問い合わせ>

毎日新聞社事業本部(電話03・3212・0804、平日10~18時)

テンポプリモ(電話03・3524・1221、平日10~18時)

演奏家プロフィール

指揮 海老原光

指揮 海老原 光

Hikaru Ebihara

 

 1974年鹿児島生まれ。鹿児島ラ・サール中学校・高等学校、東京芸術大学を卒業、同大学院修了。その後ハンガリー国立歌劇場にて研さんを積む。2007年、ロブロ・フォン・マタチッチ国際指揮者コンクールで第3位入賞。10年から15年9月まで東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団アソシエイト・コンダクターを務める。

 指揮を小林研一郎、高階正光、コヴァーチ・ヤーノシュ、ユリウス・カールマー、ペシュコ・ゾルタン各氏に師事。これまでに国内オーケストラと共演を重ねている。また12年に続き、15年1月に再びクロアチア放送交響楽団の定期公演(ザグレブ)に出演し、現地で好評を博した。

オフィシャルサイト http://www.hikaru-ebihara.jp/


ピアノ 金子 三勇士
©Ayako Yamamoto

ピアノ 金子 三勇士

Miyuji Kaneko

 

 1989年、日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学。2001年、11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学し、06年に全課程取得とともに帰国。東京音楽大学付属高等学校に編入し、清水和音、迫昭嘉、三浦捷子に師事。08年、バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、数々の国際コンクールで優勝。これまでに、ゾルタン・コチシュ指揮/ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、準・メルクル指揮/読売日本交響楽団、ジョナサン・ノット指揮/東京交響楽団等と共演。海外ではハンガリー、アメリカ、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス他各国で演奏活動を行う。東京音楽大学を首席で卒業、同大学院修了。

オフィシャル・ホームページ http://miyuji.jp/


ヴァイオリン 小林美樹
©Shigeto Imura

ヴァイオリン 小林美樹

Miki Kobayashi

 

  桐朋学園ソリストディプロマコースに特待生として入学後、ウィーン私立音大で学ぶ。これまでに徳永二男氏、パヴェル・ヴェルニコフ氏から多くの薫陶を受けたほか、室内楽は東京クアルテット、毛利伯郎、岩崎洸の各氏に師事。2011年、第14回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールにて第2位入賞。14年、第24回出光音楽賞を受賞。これまでにNHK交響楽団・読響・日本フィル・都響・東響・京響など多くの国内主要オーケストラと共演するほか、マキシム・ヴェンゲーロフ氏の指揮や彼から推薦を受けたポーランド主要オーケストラとも共演している。16年春のトヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーンではソリストに抜てきされ、国内4都市でのツアーではウィーンフィルコンサートマスター、シュトイデ氏と共演し絶賛を博す。


コンサートマスター 小森谷巧

コンサートマスター 小森谷巧

Takumi Komoriiya 

両親に手ほどきを受け、桐朋学園音楽科ディプロマコースを経て、ウィーン国立音大へ留学。 その後英国へ渡る。 徳永二男、ヨゼフ・スーク、イフラ・ニーマンの各氏に師事。 リピツァヴァイオリンコンクール、フムル国際コンクール等で、特別賞、シェリング賞などを受賞。英国を中心に欧州で活躍。 「The STRAD」で好評を得る。 英国王立音大の演奏ディプロマを首席で獲得し、帰国。 1987年、東京交響楽団に入団、首席コンサートマスターとして活躍。 1993年よりストリングス アンサンブル「ヴェガ」のディレクター。 1994、96年には東京交響楽団ヨーロッパ公演のソリストとして、ウィーン、ミュンヘン、リスボン、バレンシアの各地で好評を博す。 1991年、第1回出光音楽賞受賞。 また、1996年、2007年にはソロアルバムをCDリリース。 1999年より読売日本交響楽団のコンサートマスター、現在にいたる。 ソリストとしては、東京を中心に定期的にリサイタルを行い、常に高い評価を得、読売日響、東京響、ロイヤルチェンバーオーケストラ、仙台フィルなどとも協演をしている。 室内楽奏者として、各地のさまざまな音楽祭で活躍しているほか、2006年から、ルートヴィッヒ弦楽四重奏団、2008から、ザ・グランド・トリオを結成し活動している。またこれまでに、ギュンター・ピヒラー、ネルソン・フレーレ、ジャン・ワン、などとも共演している。 近年は指揮者としても古典派の作品を中心に演奏活動をしている。 2007年には、クラシカ・ハヤマのスパークリングオペラ 「ラ・ボエーム」を指揮し、好評を博した。 現在、国立音楽大学、昭和音大で後進の指導を行っている。 アンサンブル葉山、アンサンブルde よこはまのリーダー。 サイトウ・キネンオーケストラ、読売日本交響楽団コンサートマスター。
オフィシャルサイト http://www.dolcekomoriya.com/

毎日希望奨学金について

毎日新聞社は、東日本大震災で保護者を亡くした「震災遺児」を支援する「毎日希望奨学金」制度を設け、学業継続が困難になった生徒や学生に奨学金を給付しています。

皆さまから多額の善意が寄せられており、奨学生は毎年増えて続けています。

2011年5月から開催しているこのチャリティーコンサートも8回目を迎えます。

このコンサートでは会場に募金箱を設置し、出演者が奨学金への協力を呼びかけます。

全国各地で活躍する一流の演奏家が一夜限りのオーケストラを結成し、名曲を演奏します。どうぞお楽しみください。

毎日希望奨学金について(公益財団法人毎日新聞東京社会事業団のページ)